ストロングハートの注意点

ストロングハート

ストロングハートはフィラリア予防薬で、カルドメックという薬のジェネリックのため、比較的安価で手に入ります。

しかもお肉の香りがついているため、薬が苦手という犬でも嫌がらずに食べてくれることが期待できます。

ただし、注意点がまったくないわけではなく、中でもサプリメントや何らかの疾患があって他の薬を服用している際には、併用して構わないのかを医師に相談しておくことをおすすめします。

また、販売している国と日本の動物病院などで推奨している使用量が若干違う場合があるので、こちらも気をつけておきたいです。

フィラリア陰性であることを確認する

陰性であることを確認

フィラリアは犬や猫がかかる病気ですが、蚊を媒介して心臓や肺動脈などの内臓箇所に糸状の寄生虫が発生します。

フィラリアの予防薬は、その蚊を介して感染し寄生虫の発生を防ぐ目的で投与される薬です。

ただフィラリアにかかっている陽性の犬の投与した場合、その寄生虫が一気に大量死することでの副作用を引き起こす恐れがあるため、注意が必要です。

副作用としては寄生虫の死骸の詰まりによって引き起こされる肺動脈塞栓やアナフィラキシーというアレルギーショック症状です。

従ってフィラリア感染後の投薬は危険であるため、必ずフィラリア陰性であることを確認してから投与を行います。

診断の結果、陰性であることが判明しても投与しなかった月があったり、投与しても吐き出した、早めに投与を切り上げてしまったというケースでは、再度投与前に陰性であることを確認しなければなりません。

自己判断の投薬中止は危険!

自己判断

フィラリア予防薬とは、飼っている犬に対して、フィラリア症を予防するための薬になります。

蚊を媒体として、幼虫が体内に入っていきます。

そして、血管に侵入し、最終的には心臓にまでいたり、そこで幼虫を生み出す怖い病気です。

ここで、フィラリア予防薬が必要になるのです。

ここで注意したいのは投薬忘れや自己判断は危険です。

蚊が飛び交う時期の1ヶ月前から、蚊がいなくなった1ヶ月後までが対象の期間であり、その期間に投薬するのを忘れてしまうと、フィラリア症になってしまう確率が高くなってしまいます。

自分で、今月は投薬しなくても大丈夫だろうと勝手に判断することなく、専門家に確認して、指示にしたがうことをおすすめします。

このページの先頭へ