ストロングハートの効果

ストロングハート

犬用フィラリア予防薬のストロングハートはカルドメックチュアブルのジェネリック医薬品であり、フィラリア予防だけではなく消化管内線虫の駆除も同時に行なってくれます。

一般的な錠剤タイプではなく味付けを考えられたチュアブルタイプになりますので、薬が苦手な犬に対しても安心して与えられます。

チョコフレーバーになっており微量のチョコレートも含まれてはいますが、健康を損ねるほどの量は配合されていないので大丈夫です。

フィラリア予防薬のストロングハートの使用方法になりますが、蚊が発生する時期から蚊がいなくなる時期の1ヶ月後まで月1回の間隔で経口投与します。

ジェネリック医薬品という事で非常に安価で手に入れられる点も好評となっています。

ストロングハートの主成分 イベルメクチン

イベルメクチン

フィラリア症の予防薬として開発されたカルドメック錠のジェネリック医薬品がストロングハートです。

人用の医薬品もジェネリック医薬品は安く購入することが出来ますが、動物薬も同様に、ジェネリック医薬品は安く購入することが出来ます。

ストロングハートの主成分はカルドメック錠と同じイベルメクチンですので、フィラリア症の予防効果は確実です。

イベルメクチンには、犬の体内に侵入したフィラリア幼虫が血管に侵入する前に駆虫をすることが出来ます。

また、フィラリアだけではなく、皮膚の疥癬症や糞線虫症にも駆虫効果を期待することが出来ます。

ストロングハートは、チュアブルタイプですので、錠剤を飲ませることが難しいという場合も投与しやすいという特徴があります。

もうひとつの有効成分 パモ酸ピランテル

パモ酸ピランテル

フィラリア予防薬のストロングハートの成分であるパモ酸ピランテルは線虫駆除薬になります。

主に人や家畜の腸管寄生虫に優れた駆虫として使われるのですが、安全性も高いと証明されています。

パモ酸ピランテルは乾燥や高温の状態でも安定して使用できますので薬に配合する場合でも効果が薄くならず安心して使用できます。

しかし、幼虫に対しては駆虫効果が弱いので、その他の成分と一緒に配合しないと完全に駆虫するのは難しいです。

このページの先頭へ