痩せたい人の筋トレの方法とは?

痩せたい人の筋トレの方法とは?

筋トレをする際に痩せることを目的にしている人もいると思います。そういう場合には筋トレの方法に気を付けなければなりません。

痩せたい人はジムにいって負荷をたくさんかけたトレーニングをしてはいけません。自重でのトレーニングで十分です。

負荷が大きいと筋肉が太くなってしまい、太ったように見えてしまいます。自重での軽い筋トレを行うようにしてください。

また痩せたいからといって食事を抜いてはいけません。筋肉をつくるためには栄養が必要ですからその栄養がなければ、いくら筋トレを行ったところで筋肉は増えないからです。

しっかりと筋肉をつけて痩せれば、リバウンドしにくい体を手に入れることができるのです。ぜひ実践してみてください。

筋肉をつけたい人の筋トレの方法とは?

筋肉をつけたい人の筋トレの方法とは?

筋肉をつけたい人の筋トレ方法はたくさんありますが、地道にトレーニングするのが一番筋肉が付きます。

ダンベルを手に持ち毎日欠かさずにやったり腕立てを決められた回数必ずやり遂げることにより筋肉量が蓄積されていきます。

スクワットもお腹に力が入るので筋トレにはおすすめです。まず筋肉を付けたい場所にもよりますがお腹部分は特に脂肪があるので、腹筋も筋トレメニューに入れて持続的にやってください。

水泳も筋トレにはならないのではないかと思いがちですが体力を結構使うので全体的に筋肉を付けたいと思う人はおすすめのやり方です。

どのトレーニングでも即効でムキムキになることは絶対にないので毎日コツコツやっていくことが理想の体型になれる近道です。

自分の理想の体型によって筋トレの方法は変わる?

自分の理想の体型によって筋トレの方法は変わる?

理想の体型は人により、違っているはずです。洋画に登場する男性主人公の様なムキムキの逆三角形のボディを求める男性もいれば、ファッションショーで活躍するスレンダーなモデルのようなボディラインを希望する方もいます。

同じ筋トレでも理想の体型で方法は変わるのです。

逆三角形を目指すなら、上半身のトレーニングがメインとなります。

上腕二頭筋や上腕三頭筋や背筋や腹筋を意識的に鍛えなければいけません。場合によっては体重や脂肪を増やす事も必要です。

筋トレイコールダイエットというイメージがありますが、理想の体型によってはむしろ体重増が不可欠です。

対してスレンダーなモデル風のボディーラインを目指すなら、特定の部位ではなく全体的にバランス良く筋トレをする必要があります。