ストロングハートの使い方

ストロングハートを正しく投与できていれば、フィラリアに感染することはありません。
だからこそ、ストロングハートでフィラリア予防をするには、正しい投与方法を知っておくことが大切です。

このページでは、ストロングハートの正しい投与方法について解説します。

ストロングハートの正しい投与方法

ハードオンゼリー

フィラリア症の予防のためにストロングハートを使用するという場合には、正しい使用方法を心がける必要があります。

ストロングハートは、1ヶ月に1度、そのままの状態で与えるもしくは崩してドッグフードに混ぜて確実に全てを一度に投与するようにします。

ドッグフードなどに混ぜる場合には、残されると十分な効果を得ることが出来ない可能性がありますので、少しの量のドッグフードに混ぜるようにしましょう。

ストロングハートは体重によって使用される製品が異なります。

有効成分の量に違いがありますので、必ず犬の体重に応じた製品を選ぶようにしましょう。

フィラリア症の予防に使用する時には、蚊が発生する翌月から蚊の姿が見えなくなった翌月まで服用するようにします。

蚊がいなくなったからと言って、すぐに服用を中止することは避けるようにしましょう。

ストロングハートは1ヶ月に1度の投薬が肝心

1ヶ月に1度

ストロングハートは、愛犬をフィラリア感染から守るお薬です。

犬の大きさにより有効成分の量が違ってくるので、適切な量を与える事が大切です。

ストロングハートの1ヶ月に1度の投薬の理由は、フィラリア感染のスピードにあります。

フィラリア幼虫は侵入してもすぐに行動しません。

およそ2ヶ月で心臓などの血管に移動し始めます。

ですから、ストロングハートを投与していない期間が1ヶ月あったとしても、病気は発症しません。

フィラリア予防薬の投薬期間の目安は、日本では5月から12月です。

もう蚊はいないからと10月くらいに投与を中止するのは危険です。

蚊の種類によってはシーズンを過ぎてもしつこく数匹生存している場合があるからです。

蚊の発生時期+1ヶ月が大切

プラス

蚊の発生時期としては、夏と考えている方も多いですが、4月の終わりごろからとなります。

発生する時期が過ぎても、蚊の寿命は3週間から1カ月程度となるため、一ヶ月間は注意したほうが良いでしょう。

4月から、いつまで活動するのかというと、11月頃まで活動するため、夏以外にも蚊に刺されてしまうということを覚えておいたほうが良いでしょう。

活動が活発になる気温としては、26度以上となり、夏には特に注意が必要となります。

35℃以上の高温になると、蚊の活動は低下しますが、夕方や朝など気温が下がってくると蚊の活動は活発となります。

人を刺す蚊はメスとなり、メスは産卵のために血を吸います。

産卵は水のある場所で行われるため、自宅の近くに水辺がある方は注意が必要となります。

このページの先頭へ