個人輸入について

個人輸入について

個人輸入とは、外国の製品をメーカーや通信販売業者などから個人で直接購入することを言います。

日本の販売店を通さないため、外国の製品を現地の価格でお得に購入できます。

また、日本では発売されていない商品も手に入れることができます。

個人輸入するには大きく二つの方法に分けられます。

購入者が直接メーカーなどに注文する方法と、輸入代行業者を利用する方法です。

購入者が直接注文する場合には、問い合わせをする時などに英語の読み書きをする必要が生じる場合があります。

不安でしたら輸入代行業者を利用するのが良いでしょう。

個人輸入のデメリットとしては、関税がかかる可能性があること、トラブルが発生しても自己責任ということ、輸入が禁止・規制されている商品に気を付けなければいけないことがあげられます。

罪に問われないように事前の調査が重要です。

一度に購入できる数量は定められている

個人輸入で購入できる医薬品の数量について解説します。
個人輸入の具体的な数量としては、以下の通りです。

  • ビタミン剤
    4ヶ月分以内
  • 医薬品
    2ヶ月分以内
  • 要指示薬(使用にあたって医師の指示が必要な医薬品、処方箋薬)
    1ヶ月分以内

これを越える量を購入すると、転売や譲渡目的を疑われ、税関で止められてしまいます。

当サイトで紹介しているストロングハートは、日本国内においては処方箋の必要な要指示薬です。

しかしこの処方箋の必要となるお薬というのは、日本国内に限った話であり、 海外では薬局やスーパーマーケットなどで販売されており、だれでも簡単に購入できます。 ストロングハートをはじめ、こういった要指示薬を個人輸入で購入することは、 日本においても発送国現地においても違法ではありません。

個人輸入サイトのしくみ

個人輸入

海外で買ったものを販売しようとすると、かなり面倒な手続きが必要なります。

その代表的なものが勃起不全に効くものや妊娠を避けるための薬などがそうです。

日本国内で買うとなると専門の医師の検査を受けて、処方箋を書いてもらわなければならないわけです。

ところが個人輸入代行の仕組みを利用すれば、これらの問題が解決されます。

なぜならあくまでも個人が買っているものに関しては、特に何らかの制限がかかるわけではないからです。

つまり個人輸入代行サイトは、利用者と海外の業者の仲立ちをしているだけという扱いになるのです。

おかげで言葉がわからない、現地に行くお金がないといった場合でも気軽に海外の商品を手に入れることができるのです。

このページの先頭へ